contact
tel btn
Menu

Leica M5(ライカ)

leica m5

M3から続いていたフォルムを大きく変更し、ライカとして追針式TTL露出計を搭載した初のモデル、通称大ライカです。発売当時はこの露出計機構を内蔵する為の、どっしりとした外観の評価がすこぶる悪く、「弁当箱ライカ」などと揶揄され5年で製造が終了されたため、製造台数が少ない。(M型の中で言えばM4-2に次いで製造台数は僅少)

しかし近年は、このM5も見直されてきています。
特にファインダーから目を離さずに人差し指のみを使って任意のシャッタースピードに変更する事が可能なシャッタースピードダイヤル、ファインダー内の露出計はM型ライカで唯一の追針式であったりなど、その実用性の高さが再評価されてきました。
ボディーカラーは、ブラッククロームもしくはシルバークローム。
技術者の創意工夫が様々な部分から垣間見える一台です。

お買取金額・事例紹介



●お買取事例
 お買取金額  73,000円
 商品状態  外観ボディわずかに小スレ有、ファインダ内にわずかにホコリ有
 付属品  ボディキャップ、ストラップ




お申込み

中古カメラ・中古レンズの買取はぜひ弊社へご相談ください!
    お見積は無料で行なえます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

Leica M5(ライカ) の注力商品

DSC_0005

Leica R4(ライカ)

ミノルタXDをベースとした一眼レフ機です。ベースにしているといってもデザインはXDとは大きく異なるほか、スクリーンの交換やスポット測光搭載、プログラムモードの設…

leica m4-2

Leica M4-2(ライカ)

限定品を除くM型ライカで、最も生産台数の少ない機種です。「M型ライカの完成型」と言われたM4の生産終了から3年後の、1978年から発売されたライカM4のリバイバ…

leica m7

Leica M7(ライカ)

2004年発売。M型としては初となる電子式シャッターを搭載し、絞り優先AEが可能となった現代版ライカです。M6で変更されてしまったボディの質感やシャッター音は旧…

leica m6

Leica M6(ライカ)

ライカ初心者から、ベテランまで多くの方々に愛用され、M型最長を誇る13年間にわたって製造されたロングセラーモデルです。 ファインダーフレームはM型の中で最も多…

leica m4

Leica M4(ライカ)

1967年から1972年までの間、「M型ライカの完成型」として、社運を背負ってリリースされた名機です。 M3、M2から改良を受け、ラピッドローディングシステム…

注力商品をもっと見る

Leica M5(ライカ) のジャンル別注力商品