Panasonic(パナソニック)の買取対象品  

contact
tel btn
Menu

Panasonic(パナソニック)の買取対象品

1997年から2000年までは「COOLSHOT」ブランドにてデジタルカメラを販売していたが、他社に比べてシェアの差を開けられていた。
その後、デジタルカメラが本格的に普及、フィルムカメラに取って代わるほどの勢いに達しようとしていた実状を見据え、2001年にパナソニックは新ブランドLumixでの本格的なデジタルカメラへの参入を決断し、そのフラグシップ機として「DMC-LC5」、およびウルトラコンパクトサイズの普及機「DMC-F7」を2001年11月にリリースした。LUMIX最大の特徴としては独ライカとの提携による、ライカのライセンス許諾を受けた高性能レンズの搭載が挙げられる。以前からデジタルビデオカメラの分野で提携を行っていた松下とライカが、デジタルカメラ分野でも提携を行い、レンズの共同設計とライカの認定を受けたレンズ製造を行なうことで、デジタルカメラに最適なレンズを作り出している。現在ではライカのライセンス許諾を得た「DCバリオ・ズミルックス」「DCバリオ・ズミクロン」「DCバリオ・エルマリート」、エントリー製品向けに「DCバリオ・エルマー」「DCバリオ・ズマリット」、ライカブランドを冠していない「ルミックスDCバリオレンズ」が使われている。
2002年秋からは独自開発の映像処理エンジン「ヴィーナスエンジン」が「DMC-F1」と「DMC-FZ1」に初搭載され、高速な画像処理を行いながら、一層の高画質を実現した。 2005年には、オリンパスと米コダックの提唱したフォーサーズシステムに賛同、オリンパスとフォーサーズシステム規格のデジタル一眼レフカメラの開発を行うと表明した。2006年2月に開催されたアメリカ最大の写真ショーPMAにて、その第1号機「DMC-L1」が発表され、7月22日に発売された。ヴィーナスエンジンなどこれまでの製品開発で培ってきた技術が生かされており、レンズ開発ではライカの協力が得られた製品が出されるなど、様々な点で注目を集めている。 2008年にはオリンパスと共同でフォーサーズシステムの拡張規格である、マイクロフォーサーズシステムを策定、その第1号機「DMC-G1」を発表した。

Panasonic(パナソニック)買取商品の一例

・あくまでも一例です。記載のない製品も買い取っております。
・色付きの枠の商品はとくに高額での買い取り対象です。

カテゴリ商品名・型番
コンパクトデジタルカメラDMC-FZ150
コンパクトデジタルカメラDMC-FZ200
コンパクトデジタルカメラDMC-FZ1000
コンパクトデジタルカメラDMC-FZ1000
交換レンズPanasonic(パナソニック) d vario-elmar 14-50mm f/3.8-5.6
交換レンズPanasonic(パナソニック) dmw-lw55
交換レンズPanasonic(パナソニック) lumix d summilux 25mm f/1.4 asph
交換レンズPanasonic(パナソニック) lumix g vario 14-45mm f/3.5-5.6
交換レンズPanasonic(パナソニック) lumix g vario 45-200mm f/4-5.6
交換レンズPanasonic(パナソニック) lumix g vario 7-14mm f/4 asph

Panasonic(パナソニック)の注力商品(一例)

DSC_0009

Panasonic LUMIX DMC-FZ48(パナソニック)

光学24倍ズームが可能なLEICA DC VARIO=ELMARITレンズを搭載したルミックスシリーズのコンパクトデジタルカメラです。広角25mm~望遠600m…

DSC_0054

Panasonic LUMIX G Vario 45-200mm f/4.0-5.6 MEGA O.I.S(パナソニック)

さまざまなシーンで使えるマイクロフォーサーズ用望遠ズームレンズです。 光学系にEDレンズ3枚を含む13群16枚構成の6成分ズームを採用し、色収差をバランス良く…

Panasonic(パナソニック)の買取対象品 のジャンル別注力商品