Rodenstock(ローデンシュトック)の買取対象品

買い取り額の無料お見積りはこちら お手元に品物をご用意の上ご連絡ください
0120-027-740 営業時間10:00~22:00
メールで無料お見積り
Menu
中古カメラ・レンズ買取のファイブスターカメラ|一眼レフ・レンズ等カメラ買取専門店 > メーカー別買取商品 > Rodenstock(ローデンシュトック)の買取対象品

Rodenstock(ローデンシュトック)の買取対象品

1877年、ヨーゼフ・ローデンシュトックが創業し、二代目アレキサンダー・ローデンシュトック、三代目ロルフ・ローデンシュトックを経て、現在四代目のランドルフ・ローデンシュトックがCEOである。カメラ販売を業務内容に入れたのは1926年。 第一次世界大戦後の大不況下で販路を拡大するために行った。もともとは精密機器メーカーとして眼鏡のフレームとレンズの製造を行っていた。1926年頃から1950年代に十数種のカメラを製造販売したが、自社では製造せず、ほとんどはウェルタ・カメラヴェルクを下請けとしたOEMである。現在は大判用レンズが主力である。ジナー純正のシナロン(Sinaron )はローデンシュトックが製造したOEM製品。またハッセルブラッドのアークボディ用レンズも製造している。
過去にはドイツコダックのレチナにレンズを供給し、またエクサクタ、M42(プラクチカ)、ライカ等汎用マウント向けに少数ながら交換レンズを供給していた。現在ライカ判用レンズは製造していない。
カール・ツァイス、シュナイダー・クロイツナッハと並んでドイツ三大レンズメーカーの一つであるが、創立以来ほとんど眼鏡とその関連商品のみで業績を拡げた。近年、フイルムカメラの衰退とともに写真現像引き伸ばし用のレンズの需要がなくなった。そのためニコンなどは特需ルートの業務用の品目(レイファクト・シリーズ)以外の一般向け商品の製造自体を止めてしまったが、ローデンシュトックは写真現像引き伸ばし用のレンズの超高解像力に着目し、ローデンシュトック・ライノス・スマートフォーカス・システムやローデンシュトック・モジュラーフォーカス・システムなどを考案し発表した。日本での製品販売は株式会社ケンコープロフェッショナルイメージングが行っている。

Rodenstock(ローデンシュトック)買取商品の一例

・あくまでも一例です。記載のない製品も買い取っております。
・色付きの枠の商品はとくに高額での買い取り対象です。

カテゴリ商品名・型番
交換レンズrodenstock sironar 100mm f/5.6

Rodenstock(ローデンシュトック)の買取対象品 のジャンル別注力商品