RICOH(リコー)の中古カメラ買取

買い取り額の無料お見積りはこちら お手元に品物をご用意の上ご連絡ください
0120-027-740 営業時間10:00~20:00
メールで無料お見積り
0120-027-740 営業時間 10:00~20:00
Menu
中古カメラ・レンズ買取の専門店ファイブスターカメラ > メーカー別買取商品 > RICOH(リコー)の中古カメラ買取

RICOH(リコー)の買取注力商品(一例)

gr

RICOH GR Digital(リコー)

2005年に発売された、高性能の単焦点レンズ、GRレンズを搭載した高級コンパクトデジカメです。1996年に発売された、銀塩カメラのリコーGR1をその源流に、「G…

DSC_0297

RICOH GR1v(リコー)

GR1、GR1sの後継モデルとして、根強い人気を誇るコンパクトフィルムカメラです。 デジタルよりもその差が顕著に出やすかったフィルムコンパクトの世界において、…

DSC_0058

RICOH R1(リコー)

リコーのコンパクトフィルムカメラです。 「ワイシャツの胸ポケットに入る薄いカメラ」のコンセプトで開発され、巻き上げ側を限界まで薄くすることでパトローネ部分を除…

DSC_0309

RICOH GR10(リコー)

高級コンパクトカメラとして高い評価を得たGR1の廉価版です。もちろん、廉価とは言っても1~2万円ほどの普及価格帯のモデルとは格が違い、GR1のレンズは一眼レフ用…

ricoh gxr

RICOH GXR(リコー)

カメラユニットはS10 24-72mm F2.5-4.4 VCです。世界初の「ユニット交換方式」という奇抜なデジタルカメラ。ボディにはレンズはおろかイメージセン…

ricoh gr digital iv

RICOH GR Digital IV(リコー)

GR DIGITALシリーズの4代目です。「プロのニーズにも応えるスナップシューター」というコンセプトは健在で、速写性能と表現性能が更に強化されています。センサ…

ricoh gr digital iii

GR Digital III RICOH(リコー)

コストや利便性の追求が最優先されるコンパクトデジタルカメラの中にあって、高画質で趣味性の高い高級コンパクトデジタルカメラとして高い評価を受け、確固たる地位を気付…

DSC_0003

RICOH GR Digital II(リコー)

2007年に発売の高級コンデジです。コストや利便性の追求が最優先されるコンデジの中にあって、高画質で趣味性の高い高級コンパクトデジタルカメラとして高い評価を受け…

DSC_0018

RICOH GR1(リコー)

プロのサブカメラとして使われることが多かった超薄型オートフォーカスコンパクトカメラです。 競合他社が、チタンボディやサファイヤガラス等の高級素材を使用したコン…

s-113_gr21

RICOH GR21(リコー)

2001年に発売された、リコーを代表する超薄型オートフォーカスコンパクトカメラです。小さなボディに秘められた高い描画力はプロからの信頼も厚く、高い人気を誇ってい…

RICOH(リコー)買取商品の一例

・あくまでも一例です。記載のない製品も買い取っております。
・色付きの枠の商品はとくに高額での買い取り対象です。

カテゴリ商品名・型番
コンパクトフィルムカメラ(銀塩)RICOH GR1v(リコー)
コンパクトフィルムカメラ(銀塩)RICOH R1(リコー)
コンパクトフィルムカメラ(銀塩)RICOH GR10(リコー)
コンパクトフィルムカメラ(銀塩)RICOH GR1(リコー)
コンパクトフィルムカメラ(銀塩)RICOH GR21(リコー)
コンパクトフィルムカメラ(銀塩)RICOH GR1s(リコー)
コンパクトデジタルカメラRICOH GR Digital(リコー)
コンパクトデジタルカメラRICOH GXR(リコー)
コンパクトデジタルカメラRICOH GR Digital IV(リコー)
コンパクトデジタルカメラGR Digital III RICOH(リコー)
コンパクトデジタルカメラRICOH GR Digital II(リコー)

RICOH(リコー)の中古カメラ買取 のジャンル別注力商品

RICOH(リコー) について

カメラの老舗でもあり、戦前はライカに範を取り独自の機構を盛り込んだ「護国」「リコール」シリーズ等の高級カメラから、各種蛇腹カメラや35ミリフィルム使用のコンパクトカメラの先駆ともいえる「オリンピック」シリーズ、各種軽便カメラ等の中級~大衆機までを手広く製造した。戦後は構造を単純化し製造を容易にした「リコーフレックスIII」が安価(6,500円)でよく写ると大評判になり、一時は店頭に行列が出来たりプレミアすらついたりと爆発的な売れ行きを示し、国産二眼レフカメラの大ブームの火付け役となった。リコーフレックスはその後次々と改良・シリーズ化され、高品質大衆カメラのリコーという印象を消費者に植え付けた。一眼レフカメラの時代には、旭光学(現・ペンタックス)のカメラと互換性のあるプラクチカマウントやKマウントを採用したカメラを発売している。性能と比べて廉価な価格はアマチュアカメラマンの支持を得たが、世界初のオートフォーカス一眼レフや太陽電池を搭載した一眼レフの発売など技術的な挑戦を重ねている。リコーブランドで特に人気が高いのはリコーR/GRシリーズの超薄型オートフォーカスコンパクトカメラ。1994年発売のリコーR1からはじまり、2005年初代GRデジタルが登場し以降はGRデジタルシリーズとして「高級コンパクトデジタルカメラ」という分野を確立し、高級感あるボディーや豊富なオプションパーツなど、他社製品にも大きな影響を与えた。その他に、ボディ本体に一切光学系関連部分を持たないという、他に類を見ないデジタルカメラGXRシリーズや、一度のシャッターで、上下左右・360度の空間すべてを撮影できる全天球カメラ「RICOH THETA(シータ)」など、個性際立つユニークな製品をリリースしている。2011年7月1日に、HOYA株式会社のイメージング・システム事業を買収したことにより、ペンタックスブランドを吸収した形となった。