RICOH(リコー)の買取対象品

買い取り額の無料お見積りはこちら お手元に品物をご用意の上ご連絡ください
0120-027-740 営業時間10:00~20:00
メールで無料お見積り
Menu
中古カメラ・レンズ買取の専門店ファイブスターカメラ > メーカー別買取商品 > RICOH(リコー)の買取対象品

RICOH(リコー)の注力商品(一例)

gr1s

RICOH GR1s(リコー)

GR DIGITALの元祖となったGR1。1998年にその改良機として発売されたコンパクトフィルムカメラです。 シンプルなデザインで、一見すると高級コンパクト…

RICOH(リコー)買取商品の一例

・あくまでも一例です。記載のない製品も買い取っております。
・色付きの枠の商品はとくに高額での買い取り対象です。

カテゴリ商品名・型番
コンパクトフィルムカメラ(銀塩)GR1
コンパクトフィルムカメラ(銀塩)GR10
コンパクトフィルムカメラ(銀塩)GR1s
コンパクトフィルムカメラ(銀塩)GR1V
コンパクトフィルムカメラ(銀塩)GR21

RICOH(リコー)の買取対象品 のジャンル別注力商品

RICOH(リコー)の買取対象品

カメラの老舗でもあり、戦前はライカに範を取り独自の機構を盛り込んだ「護国」「リコール」シリーズ等の高級カメラから、各種蛇腹カメラや35ミリフィルム使用のコンパクトカメラの先駆ともいえる「オリンピック」シリーズ、各種軽便カメラ等の中級~大衆機までを手広く製造した。戦後は構造を単純化し製造を容易にした「リコーフレックスIII」が安価(6,500円)でよく写ると大評判になり、一時は店頭に行列が出来たりプレミアすらついたりと爆発的な売れ行きを示し、国産二眼レフカメラの大ブームの火付け役となった。リコーフレックスはその後次々と改良・シリーズ化され、高品質大衆カメラのリコーという印象を消費者に植え付けた。一眼レフカメラの時代には、旭光学(現・ペンタックス)のカメラと互換性のあるプラクチカマウントやKマウントを採用したカメラを発売している。性能と比べて廉価な価格はアマチュアカメラマンの支持を得たが、世界初のオートフォーカス一眼レフや太陽電池を搭載した一眼レフの発売など技術的な挑戦を重ねている。リコーブランドで特に人気が高いのはリコーR/GRシリーズの超薄型オートフォーカスコンパクトカメラ。1994年発売のリコーR1からはじまり、2005年初代GRデジタルが登場し以降はGRデジタルシリーズとして「高級コンパクトデジタルカメラ」という分野を確立し、高級感あるボディーや豊富なオプションパーツなど、他社製品にも大きな影響を与えた。その他に、ボディ本体に一切光学系関連部分を持たないという、他に類を見ないデジタルカメラGXRシリーズや、一度のシャッターで、上下左右・360度の空間すべてを撮影できる全天球カメラ「RICOH THETA(シータ)」など、個性際立つユニークな製品をリリースしている。2011年7月1日に、HOYA株式会社のイメージング・システム事業を買収したことにより、ペンタックスブランドを吸収した形となった。