contact
tel btn
Menu

Leica M4(ライカ)

leica m4

1967年から1972年までの間、「M型ライカの完成型」として、社運を背負ってリリースされた名機です。
M3、M2から改良を受け、ラピッドローディングシステムやクランク式の巻き戻しノブを採用し、受け継がれてきた作りの良さはそのままに、フィルムの巻き戻しはノブ式からクランク式へ変更されたことに加え、スプールを抜かなくても迅速なフィルム装填が可能になりました。露出計は内蔵していませんが、今に至るまで引き継がれている機構は、近代のM型のベースとなりました。
ちなみに、この後発売されたM5の不評を受け、1974年からはカナダにて再生産されたという逸話も有名です。
状態はもちろんのこと、シリアルナンバーや製造年、同梱されるアイテムによってお買取価格が大きく変動するカメラです。

お買取金額・事例紹介



●お買取事例
 お買取金額  55,000円
 商品状態  外観ボディに小アタリ有、ファインダ内にわずかにクモリ有
 付属品  ボディキャップ




お申込み

中古カメラ・中古レンズの買取はぜひ弊社へご相談ください!
    お見積は無料で行なえます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

Leica M4(ライカ) の注力商品

DSC_0005

Leica R4(ライカ)

ミノルタXDをベースとした一眼レフ機です。ベースにしているといってもデザインはXDとは大きく異なるほか、スクリーンの交換やスポット測光搭載、プログラムモードの設…

leica m4-2

Leica M4-2(ライカ)

限定品を除くM型ライカで、最も生産台数の少ない機種です。「M型ライカの完成型」と言われたM4の生産終了から3年後の、1978年から発売されたライカM4のリバイバ…

leica m7

Leica M7(ライカ)

2004年発売。M型としては初となる電子式シャッターを搭載し、絞り優先AEが可能となった現代版ライカです。M6で変更されてしまったボディの質感やシャッター音は旧…

leica m6

Leica M6(ライカ)

ライカ初心者から、ベテランまで多くの方々に愛用され、M型最長を誇る13年間にわたって製造されたロングセラーモデルです。 ファインダーフレームはM型の中で最も多…

leica m5

Leica M5(ライカ)

M3から続いていたフォルムを大きく変更し、ライカとして追針式TTL露出計を搭載した初のモデル、通称大ライカです。発売当時はこの露出計機構を内蔵する為の、どっしり…

注力商品をもっと見る

Leica M4(ライカ) のジャンル別注力商品