SIGMA(シグマ)のコンパクトデジタルカメラの買取注力品(一例)  

contact
tel btn
Menu

SIGMA(シグマ)のコンパクトデジタルカメラの買取注力品(一例)

2006年9月に世界初のAPS-Cサイズの撮像素子を搭載したコンパクトデジタルカメラ「シグマDP1」が発表された。レンズは35mm判換算28mmの単焦点で、シグマSD14に搭載のものと同じ有効画素数約1,406万画素の撮像素子を搭載している。発売まで1年半近くかかったため、本当に発売されるのかという不安の声もあった。DP1シリーズは進化を続け、シグマDP1 MerrillSD1 Merrillと同等の23.5×15.7mm Foveonセンサーを採用した(有効画素数約4,600万)。DP1と同じ撮像素子を搭載しレンズを35mm判換算41または45mmの準標準単焦点 (F2.8) としたDP2シリーズ、Merrillセンサー搭載の世代になってから追加された中望遠域レンズ搭載のDP3シリーズ、一度見たら忘れられない独特な形状がユニークなdp Quattroシリーズなど、派生機も着実に増加している。

SIGMA(シグマ)の買取注力品(一例)

DSC_0164

SIGMA DP2 (シグマ)

デジタル一眼レフカメラ「SD14」に採用されている1,400 万画素FOVEON X3ダイレクトイメージセンサーを搭載した高画質コンデジです。無駄のないシンプル…

SIGMA(シグマ)のジャンル別注力商品