MINOLTA(ミノルタ)のコンパクトフィルムカメラ(銀塩)の買取注力品(一例)  

contact
tel btn
Menu

MINOLTA(ミノルタ)のコンパクトフィルムカメラ(銀塩)の買取注力品(一例)

ミノルタが発売したコンパクトカメラ製品はとても多い。その中でも1979年発売の「ハイマチックAF」はパッシブ式オートフォーカスのコンパクトカメラで、ミノルタで初のオートフォーカス機種として発売された。その後、ミノルタは多数のオートフォーカスコンパクトカメラをリリースしていく。代表的なものとして、単焦点および二焦点レンズを装備した全自動コンパクトカメラ「ミノルタマックシリーズ」、全天候型の防水防塵カメラ「ミノルタウェザーマチックシリーズ」、全機種が電動ズームレンズを装備する「ミノルタカピオスシリーズ」や後継機の「ミノルタ/コニカミノルタズームシリーズ」などがある。中でも超小型高級コンパクトカメラ「ミノルタTC-1」は非常に人気が高い。レンズには、カメラグランプリを受賞したGロッコール28mmF3.5とともにスライドレバーによる差し替え型の完全円形絞りが採用されている。名前の由来は「The Camera」。レンズは後にLマウントの単体レンズとして限定発売された。

MINOLTA(ミノルタ)の買取注力品(一例)

DSC_0200

Minolta TC-1(ミノルタ)

1996年発売の超小型高級コンパクトカメラです。 ミノルタの高い技術力を結集して、一眼レフ以上の画質をコンパクトボディにまとめたそのサイズは、35mm版AFコ…

MINOLTA(ミノルタ)のジャンル別注力商品