Mamiya(マミヤ)の交換レンズの買取注力品(一例)

買い取り額の無料お見積りはこちら お手元に品物をご用意の上ご連絡ください
0120-027-740 営業時間10:00~20:00
メールで無料お見積り
0120-027-740 営業時間 10:00~20:00
Menu
中古カメラ・レンズ買取の専門店ファイブスターカメラ > メーカー別買取商品 > Mamiya(マミヤ)の中古カメラ買取 > Mamiya(マミヤ)の交換レンズの買取注力品(一例)

Mamiya(マミヤ)の買取注力品(一例)

Mamiya(マミヤ)のジャンル別注力商品

Mamiya(マミヤ) について

初期のマミヤはレンズを製造していなかったためマミヤシックスではオリンパスのズイコーや東京光学器械(現 トプコン)のシムラーなど他社レンズの供給を受け、またユーザーのレンズ持ち込みも受け付けていた。その後自社製造を始めセコール(Sekor )というブランド名を冠したが、これはマミヤのレンズ工場であった世田谷光機株式会社の社名に由来している。このブランドも近年は使用されず、単に「マミヤレンズ」である。一時、普及版にコミナー(Kominar )というブランドを使用したが、これは日東光学よりOEM供給を受けたものである。ただし、ズイコーやシムラーと異なり、レンズの製造会社を記載せず「MAMIYA-KOMINAR」と刻印している。他に、マミヤマイラピッドに搭載された富岡光学(現 京セラオプテック)製トミノン(Tominon )も同様「MAMIYA-TOMINON」と刻印されていた。AFリーフシャッターレンズはマミヤでフェイズワンとマミヤの二つのブランド名で販売していたが、2015年10月31日でマミヤブランドの生産・販売は完了となった。