Canon IV Sb 改(キヤノン)  

contact
tel btn
Menu

Canon IV Sb 改(キヤノン)

DSC_0138

1954年発売のライカマウントのレンジファインダーカメラです。1955年以前のものはボディに型番の表記が無く、形状も酷似しているので見分けるのがやや難しいです。シャッターダイヤル指標が異なるので、そこから判別は可能です。
シャッターのレリーズ後にも、使用しているシャッタースピード値がわかる中軸指標付きのシャッターダイアルとなり、シャッタースピードの段数がほぼ倍数系列化して使いやすくなっただけでなく、巻き上げノブ基部にはフィルムの装填枚数が記録できる手動セットによるメモ表地板が付きました。
ライカが革新的なM3を発表した後、「ライカショック」と言われ国内メーカーが次々とレンジファインダー業界から撤退していくなか、そこに果敢に挑むように作られたカメラです。そして、先のIV型に始まるキヤノンの高級35mmカメラは、IV Sb型、このIV Sb 改で頂点に達し、その前年に登場してきたニコンS型と共に日本のカメラ工業力の代名詞ともいえる垂涎の最高級機となりました。
また、その精密性と機構においてライカを超えたとまで謳われたIV Sb型の後継機種にふさわしい最高級の品位と精密感を備えました。また、1/15秒のスローシャッターを備え、シャッタースピードが擬似的倍数系列となるなどの改良が加えられ、完成度が高められました。デザイン性にも優れ、未だに人気の高い機種となっています。

お買取金額・事例紹介



●お買取事例
 お買取金額  24,400円
 商品状態  外観にキズ有、レンズ・ファインダー内にホコリ有
 付属品  レンズ、キャップ、ケース




お申込み

中古カメラ・中古レンズの買取はぜひ弊社へご相談ください!
    お見積は無料で行なえます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

Canon IV Sb 改(キヤノン) の注力商品

pellix

Canon PELLIX(キヤノン)

当時フィルム一眼レフ最大の欠点だった、「シャッターを開いている間、像が全く見えなくなる」という構造上の弱点を克服するために、ペリクル・ミラーを使ったフィルム一眼…

t80

Canon T80(キヤノン)

1985年に発売されたキヤノン初のオートフォーカス機です。FDマウント唯一のAF機ではありますが、直前に発表となったミノルタ製α-7000の、いわゆる「αショッ…

canon neff1 eyelevel

Canon New F-1 アイレベル(キヤノン)

1981年に発売された、フィルム一眼レフ機です。同時代のライバルNikon F3と共に、プロフェッショナルに広く人気のあった機種になります。 機械式/電子制御…

t90

Canon T90(キヤノン)

1986年発売のキヤノンTシリーズの最高峰となる一眼レフ機です。Tシリーズ、と呼ばれてはいますが、その外観、機構などはどちらかといえばEOSシリーズに近いといっ…

注力商品をもっと見る

Canon IV Sb 改(キヤノン) のジャンル別注力商品