記事詳細

買い取り額の無料お見積りはこちら お手元に品物をご用意の上ご連絡ください
0120-027-740 営業時間10:00~20:00
メールで無料お見積り
Menu
中古カメラ・レンズ買取の専門店ファイブスターカメラ > 特集・コラム > 記事詳細

今振り返るあの機種 第三回「SONY α7」

2018/12/09

最新機種ではない、いわゆる「型落ち」と呼ばれる製品には、最新機種にはない優れた点や独特の味わいがあるもの、コストパフォーマンスに優れているものがたくさんあります。このシリーズではそんな製品にスポットを当て、その魅力をお伝えしていきます。

現役!初代フルサイズミラーレス機一眼

DSC_9086

ソニーのデジタル一眼カメラシリーズで最もスタンダードとされているのが、α7シリーズです。今回は2013年11月の発売以来、今もなお現行モデルとして販売されている「初代機」α7の魅力に迫っていきたいと思います。

フルサイズミラーレス一眼の草分け

DSC_9082

ご存知α7は、ミラーレス一眼カメラでは世界初となる、35mmフルサイズセンサーを搭載したモデルとして今から5年前の2013年に発売されました。

有効約2430万画素の35mmフルサイズ Exmor CMOSイメージセンサーを搭載しながらも、バッテリーを含め、約470g以下というコンパクトかつ軽量なボディは「フルサイズは重くて大きくて、かさばる」という一般的なフルサイズ一眼カメラのイメージを根本から覆すものでした。

同じ2013年にCanonから世界最軽量を謳い発売されたEOS 6Dでさえ、バッテリーを含め760gの重量があったことを考えると、α7の登場はカメラ業界全体を見てもまさに革新であったと言えるでしょう。

傾向性と性能を高いレベルで両立

DSC_9087
高い傾向性もさることながら、フルサイズ一眼カメラとして必要十分以上の機能を備えていたことも、α7がデジタル一眼レフを脅かすほどに「フルサイズミラーレスのすばらしさ」を世に知らしめた一因でしょう。

従来比で約3倍の高速処理性能を備えた「BIONZ X」と呼ばれる新画像処理エンジンを搭載したほか、「ディティールリプロダクション技術」による忠実かつナチュラルな描写、「回折低減処理」によって解像感を高めるなど、先進の技術が惜しみなく投入されました。

また、コントラスト検出方式AFによる高い合焦精度を誇るオートフォーカスに加え、新開発の「ファストインテリジェントAF」や「ファストハイブリッドAF」を搭載し、合焦速度や動体追従性を大幅に向上させるなど、「フルサイズミラーレスであること」のみに頼らない、カメラとしての完成度の高さが高く評価されています。

236万画素の高精細EVFは便利機能が盛りだくさん

EVF

エレクトリックビューファインダー=EVF最大のメリットは露出やISO感度などの各種設定を変更した際、ファインダー内で撮影前に結果が反映される点です。

光学ファインダーでの撮影では、当然試し撮りや、プレビュー機能を使い背面液晶による撮影画像の確認が必要になってきますよね。EVFでは、シャッターを切ると撮影した写真がファインダー内に表示されるので、極端に言えばファインダーから一切目を離すことなく思い通りの写真が撮影できます。

さらには、ピント面が彩色され最もピントのあっているポイントが分かるピーキング機能や、実際に見ている景色を拡大してピント面を詳細かつ正確に調整できるフォーカスアシストなど、撮影をより簡単で便利にしてくれる機能を多数備えています。

もちろん光学ファインダーにも光学ファインダーならではのメリットがあり、ユーザーの好き嫌いの分かれるポイントでもあるので、光学ファインダーに対してEVFが優れている、と言うわけではありませんが、EVFならではの数多くの機能は撮影をより快適で簡単なものにしてくれることでしょう。

有効2430万画素の描写力

a7作例

最後に、肝心の描写について。有効2430万画素のフルサイズセンサーの強みを十分に生かしたシャープかつ流麗、先にご紹介した「ディティールリプロダクション技術」による忠実かつナチュラルな描写、そして「回折低減処理」による画像拡大にもしても堪えうる解像感はさすがです。
被写体の右上から当てた定常光による光と影の質感も上手く表現されていた点からも、正確かつ精細に満足のいく画作りをしてくれるカメラだな、という印象を受けました。

また、撮影時に用いてみたピーキング機能はピントの山をつかむ必要もない、といっても過言でないほど便利でした。

2018年11月現在、αシリーズはこの初代機α7から数えて、α7、α7R、α7S、α7II、α7RII、α7SII、α9、α7R III、α7IIIの10機種が発売されていますが、最新機種が次々と発表される中でも、α7がいまだに現行機種として販売され続けていることからも、α7のポテンシャルの高さが伺えますね。

DSC_9078
いかがだったでしょうか?ファイブスターカメラでも、今回ご紹介したカメラを好評発売中ですので、興味のある方はぜひ下記リンクより商品詳細をご確認くださいませ。

SONY α7の販売ページはコチラ!

ファイブスターカメラでは今回ご紹介しましたSONY α7をはじめ、Canon製のカメラ・レンズを高価買取実施中です!まずはお見積りからお気軽にお問い合わせ下さいませ。
お買取のお問い合わせはコチラ!

この記事が少しでもお役にたったら、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。
ぜひお願いいたします。

特集・コラム

2019.1.5 カメラ基礎知識

今振り返るあの機種 第四回「AF ZOOM NIKKOR ED 80-200mm F2.8D <NEW>」

最新機種ではない、いわゆる「型落ち」と呼ばれる製品には、最新機種にはない優れた点や独特の味わいがあるもの、コストパフォーマンスに優れているものがたくさんあります…

2018.12.19 その他

ドイツケルンの世界最大級カメラの見本市「フォトキナ」の概要と今後の展望は?

世界中のカメラメーカーが自らの製品を出店する見本市である「フォトキナ」。 カメラファンにとってはワクワクが止まらない一大イベントですよね。今までは2年に1…

2018.12.19 製品レビュー

富士フイルムX-T3レビュー:取り扱いのしやすさと高画質を両立!

プロをも魅了する一眼レフカメラ、富士フイルのX-シリーズ。2018年9月には、「X-T3」が発売され、X-T2を超える使い心地と高い機能が評判を呼んでいます…

2018.11.24 カメラ基礎知識

今振り返るあの機種 第二回「Canon EF 70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM」

メーカー製造終了してしまった旧製品には、現行機種にはない優れた点や独特の味わいがあるもの、コストパフォーマンスに優れているものがたくさんあります。このシリーズで…

2018.11.21 その他

キャノンの最新ミラーレスカメラ「EOS-R」が登場!

スマートフォンが登場してから写真の撮影や動画の撮影がより簡単にできるようになりました。スマートフォンの性能もどんどん向上し、日常なら何ら不自由ないレベルの撮…