マクロレンズの特徴  

contact
tel btn
Menu

マクロレンズの特徴

2015/11/11

DSC_0160

今回はマクロレンズというカテゴリについてご紹介します。マクロレンズとは、被写体を1/2倍~等倍で移すことができるレンズを指します。通常のズームレンズで約0.25倍、マクロ機能を持つレンズなら約0.4倍程度が一般的だが、それらよりも大きく被写体を写せるのが特徴。主に花や昆虫などを大きく撮影する際に使われ、肉眼では見えない花弁や昆虫の足などが鮮明に描写できる。ただしマクロレンズは「大きく写せるレンズ」であり、「近くに寄れる」レンズではないということには注意したい。

マクロレンズの選び方・使い方

1.焦点距離の選び方

焦点距離は大別すると50mm前後の標準域、90~100mm前後の中望遠域、200mm前後の望遠域のものがある。最初に選ぶマクロレンズなら中望遠タイプをおすすめします。

中望遠マクロレンズ一例:Nikon AF MICRO NIKKOR 105mm f/2.8 D

DSC_0129

中望遠マクロレンズは画角がマクロレンズで撮影するのに最適で、ボケもきれいに出やすいです。被写体と適度な距離を置けるので、近寄りにくい生物相手などには重宝します。
標準域のものはコンパクトなので携行性に優れていますが、被写体にある程度近寄る必要があります。近寄りにくい被写体の場合、マクロレンズの利点を活かしにくくなります。
望遠域のものは近づきにくい被写体には有効ですが、ぶれやすいという難点があるため、標準・望遠のいいとこどりをしている中望遠タイプでマクロレンズに慣れてからお好みの焦点域のレンズを使ってみるとよいでしょう。

2.ぶれずにきれいに撮る方法

手振れを防ぐために三脚を用いての撮影がおすすめです。低い位置でも使える三脚ですと足元の花などにも対応できるので便利だと思います。ただ、三脚はかさばってしまうので、手持ちでの撮影の機会も多いかと思います。手持ち撮影の機会が多いようでしたら、手ぶれ補正などがついていて手持ち撮影がしやすいマクロレンズを購入するのも1つの方法かと思います。その他にもシャッター速度を上げてブレが起きにくいようにするのも有効です。

3.ピントが合わないときには

マクロレンズはピント合わせに苦戦することが他のレンズに比べて多くなりがちです。オートフォーカスでピントを合わせようと思ってもうまく合わせられない時がありますので、そんな時におすすめなのがマニュアルでのピント合わせです。手動でお好みの位置にピントを合わせて撮影してみましょう。普段と違った位置にピントを合わせて撮影するのも面白いですよ。

この記事が少しでもお役にたったら、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。
ぜひお願いいたします。

新着情報&お役立ちコラム

TOP

フォトな場所 #01 那谷寺(石川県小松市)編

お久しぶりです。 秋もすっかり深まり朝夕はめっきり肌寒くなってきましたね。気温の変化の大きな時期ですが、風邪などひいていらっしゃらないでしょうか? 秋と…

top

高級コンデジの代名詞!RICOH GRデジタルシリーズの革新と伝統を知る!

「撮りたい」と思った写真を撮るための動作が淀みなく行えるよう配慮されたボディ形状・ボタン配置、更なる進化を遂げた銘玉GRレンズ、そして、小型化された撮影システム…

top

銘玉GRレンズ搭載!RICOHのフィルムコンパクトカメラGRシリーズの魅力に迫る!

「GR」というフィルムカメラのシリーズを知っていますか? 1984年のコンタックスTシリーズの発売に端を発した「高級コンパクトカメラ」というジャンルのカメ…

top

圧倒的な色表現が最大の魅力!富士フイルムXシリーズ徹底紹介!!

「お正月を写そう♪」や「写ルンです」で有名な日本の代表的なフィルムメーカー、富士フイルム。 CMの影響からか、フィルムや使い捨てカメラのイメージが強いかも…

さいごに

高級コンパクトカメラのパイオニア、コンタックスTシリーズの魅力!

コンパクトカメラで一眼レフ並みの写真が撮れる――。 スマートフォン(以下スマホ)での撮影が広く普及した昨今、一眼レフ機や交換レンズを揃えるほどではないけれ…

もっと見る