特集・コラム

2021.8.27

世にも珍しい刻印ミス!~Canon New FD 50-300mm f/4.5 Lレンズ紹介~

カメラ基礎知識
その他
製品レビュー

みなさんこんにちは!
大変長らくご無沙汰いたしております。

未だに収束の気配の見えないコロナ禍の中、当店は皆様のおかげで営業を続けることができております。この度、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に罹患された方々には謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご快復を心よりお祈り申し上げます。

さて、久しぶりの投稿となります今回は、カメラ製品の中ではあまりお目にかかることのできない、刻印ミスがなされたレンズの紹介です。
今回は、Canon New FD 50-300mm f/4.5Lというフィルムカメラ用の望遠レンズをご紹介します。

DSC_2786

標準50mmから望遠300mmまでをカバーするズーム比6倍の高倍率ズームレンズで、キヤノン独自の4群ズーム方式と体分散・体屈折率の特性をもつUDガラスの採用により、300mmの焦点距離をもつ高倍率ズームながら、全ての焦点領域で各収差をバランスよく補正し、優れた描写性能を実現したフィルム時代の高倍率ズームの銘玉の一つです。

この度お買取させていただき当店に入荷した本品は、鏡頭全部に配置された「CANON」の文字の「N」が刻印されていない非常に珍しい品です。
塗装剥がれなどではなく、刻印自体がなされていない品物は、中古市場でもお目にかかることが滅多にありません。

日本のカメラおよびレンズの製造技術の高さは、ご存じの通り当時より世界屈指のレベルに達していたため、製造過程におけるこうした刻印のミスは、文化遺産としても非常に貴重な資料といえるのではないでしょうか。

DSC_2786
<鏡頭付近の拡大写真…「N」の文字が刻印からなされていないことがわかる。>

このレンズの実物は販売することなく、非売品として、当店店頭に展示してあります。
ご来店の際はぜひ一度実物をご覧になってくださいませ。

依然として、新型コロナウイルスの新規感染者数が全国的に増加傾向にあり、感染拡大の勢いが止まらない状況が続いております。
末筆ではございますが、最前線で国民の健康福祉に貢献してくださっている医療従事者、介護従事者に心より敬意を表します。 不安な日々を過ごされている皆さまにおかれましても、一日も早い事態の収束を心よりお祈り申し上げます。

フリーダイヤル 0120-027-740営業時間 10:00~20:00
PAGE TOP
Select Language