記事詳細

買い取り額の無料お見積りはこちら お手元に品物をご用意の上ご連絡ください
0120-027-740 営業時間10:00~22:00
メールで無料お見積り
Menu
中古カメラ・レンズ買取のファイブスターカメラ|一眼レフ・レンズ等カメラ買取専門店 > 特集・コラム > 記事詳細

ちょっと嬉しいお知らせ

2017/03/11

こんにちは。まだまだ寒い日が続きますね。カメラをもって出かけるのが楽しみになる春まで、もう少しの辛抱ですね。

さて、この度、以前当コラムにて「フォトな場所」として紹介させて頂いた石川県小松市の「那谷寺」の写真が、【伊藤園『お茶で日本を美しく。」フォトコンテスト~未来に残したい日本の風景』】にて、優秀賞を受賞しました!!

☞受賞作品一覧はこちら(「石川県」の部です)

長方形

お茶の販売で有名な伊藤園様が主催するこの「お茶で日本を美しく。」キャンペーンでは、自然の美しさ、環境保全の大切さをより多くの方に伝えることを目的としたフォトコンテストで、水や木々、それらが合わさった景観の美しさが評価されたことは非常に嬉しく思います。

私たちも昨年からフォトコンテストへの応募を始めたのですが、半年にして賞を受賞できるとは思っていなかったので、撮影したスタッフの喜びもひとしおでした。

趣味としてカメラを楽しんでいる読者の皆様にも、このようなフォトコンテストへの応募を考えている方、実際に応募をされている方も少なくないのではないでしょうか?

そこで今回は、受賞の喜びのご報告と併せて、撮影者が感じたフォトコンテンストへの入賞のコツについて少しだけお話させていただきたいと思います。

受賞写真のご紹介

加賀と那谷寺2016.11.5_170311_0061
PENTAX K-5 II + PENTAX-DA 28-55mm F3.5-5.6 AL WR / ISO-400 / 露出補正+0.3 / 絞りF8.0 / 露出時間1/60秒 / カスタムイメージ 鮮やか / WB AUTO /

今回、優秀賞を頂いたのがこちらの写真。

四季折々を通じて様々な景観を楽しませてくれる那谷寺の中でも最も美しいと言われる秋の紅葉。色とりどりに染まった木々と常緑樹のコントラスト、そしてそれらが池に反射した幻想的な風景を切り取りました。

題して「極彩色の池」

那谷寺には、国の重要文化財にも指定されている敷地内の建物(大悲閣と呼ばれる本堂や、三重塔、鐘楼など)や、国指定の名勝として屈指の人気を誇る遊仙境という一枚岩と周囲に植えられた樹木の景観など、いわゆる「写真スポット」は数多くありましたが、そこから少し視点をずらし「自分だけの那谷寺の美しさ」を切り取った点が撮影者の個人的なこだわりです。

フォトコンに入選する3つのコツ

岐阜・長野_170311_0044
それではここから、半年間の短い間ではありますが、フォトコンに応募するようになってから撮影スタッフが気を付けていたポイントや、私たちが考える入賞のコツを3つのポイントに分けてご紹介したいと思います。

フォトコン入選のコツその1「撮れるものを撮る」

長野遠征_170311_0028
第一に重要なのは自分のスキルと機材の性能をよく理解して、現時点で「撮れるものを撮る」姿勢です。今回の受賞作品の写真には、APS-Cサイズのイメージセンサーを搭載したデジタル一眼レフPENTAX K-5 IIs、キットレンズPENTAX-DA 28-55mm F3.5-5.6 AL WR を使用しました。

K-5 IISはファインシャープネス、EXファインシャープネス機能を搭載しており、被写体の細かな部分までまさに「シャープに」描写してくれる点がもっとも大きな特長でしょう。逆にこちらのカメラは高感度に弱い、というデメリットも併せ持っているため、可能な限り低いISOで撮影することを心がけました。

レンズに関しては、多くの方がレビューで書いている通り若干「ゆるい」描写が特徴的なレンズです。この「ゆるさ」は撮影する被写体によってメリットにもデメリットにもなりえますが、今回の撮影の被写体が風景であったこと、そしてK-5II Sが非常にシャープな写りを可能にするカメラであったことから、デメリットとしての「ゆるさ」が相殺され、ちょうど良い写り―木々の葉一枚一枚をシャープに描写しつつ、自然の持つあたたかさや柔らかさを殺してしまわない写り―を実現することができました。

このように、ご自分の持っている機材の得手不得手をよく理解してそれにもっともマッチした被写体を探して撮る、言い換えるならば、機材が最もそのポテンシャルを発揮できる被写体、撮影環境を探すことが、素晴らしい一枚を撮ることへの近道になるのではないでしょうか。

今回は撮影スタッフが使用した一眼レフとレンズについてのみの説明になりましたが、仮に機材がコンデジや極端な話スマートフォンのカメラだったとしても、同じことが言えると思います。

フォトコン入選のコツその2「何を表現したいか?を意識する」

遠征2_170311_0002
カメラやレンズの機能が進歩し、誰でも気軽にきれいな写真が撮れるようになった昨今。題材の選び方やテクニックも大切ですが「その写真で何を伝えたいか」が大事なのではないか、と感じるようになりました。

観光名所や名勝、と呼ばれるところに行けば素晴らしい被写体は山のようにあります。その中から自分が「何を表現したいか、見る人に何を伝えたいか」をよく考えて撮ること、そしてそれが撮影者の独りよがりになってしまわないように気を付ければ、その写真が評価されることはそう難しくないように感じます。

現に私たちもフォトコンに応募し始めたころは、夜間の長時間露光や、カメラ雑誌に載っている独創的な構図など、付け焼刃の撮影技術やうまく見える写真のとり方等に終始してしまいがちでした。

しかし、撮影を続ける中で、後から自分の撮った写真を見返した時にその写真には「何も残っていない」ことに気づきました。もちろん最低限の撮影技術や知識は必要ではありますが、それを身に付けた後は、ひたすら写真を撮り続けアウトプットしていくこと、そして撮って撮って、自分の写真がそれを見た相手の心の琴線に触れるまで、撮りまくることが大事なのだ、と気づかされました。

フォトコン入選のコツその3「受かりそうなコンテストを狙う」

jal-tokyo-camera-2017

3つ目の紹介はズバリ!「受かりそうなコンテストを狙う」です。
例えば、写真歴2~30年前を誇るプロ・アマチュア写真家がひしめく大手カメラメーカーのコンテストや世界的な規模を誇るフォトコンに受かるには相当な技術と機材が要求されますよね。

そこで小規模のコンテストやビギナー向けの枠があるもの、自分の得意なテーマにマッチしたものやニッチなコンテストなどを狙って応募してみましょう。

下記のリンクから、フォトコンの一覧を見ることができますので、ご自身に合ったフォトコンを選んで応募してみるのも面白いかもしれませんね。

現在募集中のフォトコンテスト一覧はこちら

おわりに~フォトコンに応募する意義

S__10067978
ただ漫然と写真を撮っていると、どうしても同じようなテーマや構図、被写体になりがち。フォトコンに応募することで普段とらないものに挑戦して表現の幅が広がったり、今まで自分が気づくことのなかった被写体の魅力を知れたりすることができるのが、フォトコンの隠れた魅力であり意義だと思います。

またコンテストによっては、投票者や審査員の方のコメントなどを頂けるものも少なくありません。自分自身や周りの人たちだけでなく、プロの方やたくさんの写真を見てきた方々の忌憚のない意見を聞くことができるのも写真の上達のもっとも効果的な近道だと思います。

何はともあれ、今回の受賞がビギナーズラックで終わってしまわないように、今後も精進して参りますので、今後とも応援のほどよろしくお願い致します。

お知らせ

ファイブスターカメラ公式オンラインショップにて他社圧倒の製品メンテナンスとサービス、そしてお求めやすいお値段にてカメラ、レンズその他アクセサリを販売させていただいております。お得で状態の良い掘り出し物商品が見つかるかも?カメラや機材のご購入や買換えをご検討中の方はもちろんのこと、そうでない方もぜひ一度ご覧になってください。

長方形

もちろん使わなくなってしまった古いカメラ機材のお買取も随時受付中です。
公開していない商品もございますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

メーカー別買取商品
ジャンル別買取商品

この記事が少しでもお役にたったら、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。
ぜひお願いいたします。

特集・コラム

2017.1.26 カメラ基礎知識

フォトな場所 #02 東京タワー夜景(東京都港区)編

本格的な冬の到来で、ファイブスターカメラのある富山県でも、ついにまとまった雪が降りました。 降り積もる雪にも情緒があっていいものですが、やはりポカポカと暖…

2016.11.15 カメラ基礎知識

フォトな場所 #01 那谷寺(石川県小松市)編

お久しぶりです。 秋もすっかり深まり朝夕はめっきり肌寒くなってきましたね。気温の変化の大きな時期ですが、風邪などひいていらっしゃらないでしょうか? …

2016.9.30 カメラ基礎知識

高級コンデジの代名詞!RICOH GRデジタルシリーズの革新と伝統を知る!

「撮りたい」と思った写真を撮るための動作が淀みなく行えるよう配慮されたボディ形状・ボタン配置、更なる進化を遂げた銘玉GRレンズ、そして、小型化された撮影システム…

2016.9.20 カメラ基礎知識

銘玉GRレンズ搭載!RICOHのフィルムコンパクトカメラGRシリーズの魅力に迫る!

「GR」というフィルムカメラのシリーズを知っていますか? 1984年のコンタックスTシリーズの発売に端を発した「高級コンパクトカメラ」というジャンルのカメラが…

2016.8.20 カメラ基礎知識

圧倒的な色表現が最大の魅力!富士フイルムXシリーズ徹底紹介!!

「お正月を写そう♪」や「写ルンです」で有名な日本の代表的なフィルムメーカー、富士フイルム。 CMの影響からか、フィルムや使い捨てカメラのイメージが強いかもしれ…