2016年版!おすすめミラーレス一眼5選+1選  

contact
tel btn
Menu

2016年版!おすすめミラーレス一眼5選+1選

2016/4/15

おすすめミラーレスアイキャッチ

ミラーレス一眼もその他カメラと同様に各社とも製品が何巡かして、すっかり成熟した製品ばかりがラインアップに並ぶようになりました。一般的な使い途に関しては、現行モデルであれば、どのメーカーのどの製品でも安心してお勧めが出来るようになっています。

選ぶ際には、単にメーカーの好みとかカメラのルックスで選択してしまっても、あとから大きな後悔をする、ということになる可能性はかなり少なくなっています。

そんな中でも各社の現行モデルで、著者の独断と偏見で一番お勧めをしたい機種をピックアップしてみました。

ソニー

ソニーが最初にEマウントのミラーレス一眼を出した時には、EマウントはAPS-Cサイズセンサー専用のマウントになると思われていました。

しかし、マウント径的にもギリギリのサイズの中、周辺光量などでも全く問題のないEマウントのフルサイズ機を実現して以降、レンズ交換式のカメラを作っているメーカーの中では、ソニーが恐らく最も35mmフルサイズ機へ重心を移したメーカーになっています。

α7RII

sony a7R II
ソニーのEマウントの35mmフルサイズセンサー搭載機には、低画素数で高感度画質に特化したα7S系、中庸な画素数でオールマイティな特性を持つα7系、そして今回ご紹介する高画素に振った形のα7R系の3つの系統があります。

高画素系の最新機種α7RIIでは、フォーサーズ以上の大型のイメージセンサーとしては初めて、裏面照射型のセンサーを採用したことでも話題になりました。

一般的には裏面照射型センサーというと、高感度特性の良さがまず第一の特徴と認識されていると思います。

α7RIIでも裏面照射ではないタイプの35mmフルサイズセンサーの高画素機、例えばニコンのD810やソニー自身のα7Rなどよりも高感度特性はある程度は良くなっています。ですが、コンパクトデジタルカメラ(以下、コンデジと表記)の裏面照射型センサーの高感度特性のイメージからすると、非常に高感度に強くなった、という印象でもないように思います。

どちらかというとα7RIIでは裏面照射型センサーの特色のうち、光がセンサーの画素に斜めに入射しても効率よく光を受けられる部分を活用しようとしているのかもしれません。実際にα7RIIでは、「テレセントリック性」に対する考慮がほとんどないはずのオールドレンズとの相性の良さが知られています。

レンズ交換式のデジタルカメラ(以下、デジカメと表記)にオールドレンズをつけて撮影した際に起こりがちな、周辺光量の不足や色かぶりなどがこのカメラではとても少なくなっています。このため、ミラーレス一眼の短いフランジバックとも合わせ、もっともオールドレンズを楽しむのに向いたデジカメの一つとなっています。

もちろん、普通に使ったカメラとしての性能も一級品です。α7IIでリファインされた、ダイヤルやボタン、グリップの形状などの、優れたユーザインタフェースもそのまま受け継いでいます。

価格は35mmフルサイズ機としても少々高価ですが、その分使い出のあるカメラです。

オリンパス

オリンパスは少し前までカメラ作りにどこか迷いが感じられる時期もありましたが、OM-Dシリーズをリリースして以降オリンパスらしさが出てきた、というよりは思い出したように感じられます。

結果としては昔のオリンパスのカメラのイメージへの回帰のような形になっていますが、しっかりした機能・性能とカメラらしいデザインはとても好感が持てます。

PEN-F

pen-f
一眼レフのペンタプリズムのような形をしたEVFを持たないPENのラインに、かつての名機の名前を復活させてきました。ここの部分だけでもオリンパスの力の入れようが分かります。

ダイヤルによるアナログな操作系、ケーブルレリーズも使える昔風のシャッターボタンなどルックスこそ昔ながらのカメラに見えますが、中身にはオリンパスのマイクロフォーサーズ機の最新の機能が詰め込まれています。

長らくマイクロフォーサーズは画素数が約1600万止まりとなっていましたが、オリンパスはPEN-Fで遂に約2000万画素に到達しました。センサーサイズではハンデキャップがある中、APS-Cサイズセンサー搭載機にほとんど見劣りしない高感度画質を実現しているのはさすがです。

PENシリーズらしいコンパクトなデザインを実現しつつ、視野角が大きくXGA解像度の高品位なEVFを搭載しているところもこの機種の特徴です。

今のオリンパスのミラーレス一眼の中ではこのカメラがもっとも、非常に優秀なオリンパスの交換レンスの性能を引き出すことが出来る機種となっています。

パナソニック

オリンパス同様にパナソニックでも長らくイメージセンサーの画素数は約1600万に留まっていました。

実際に利用する上では1600万画素もあれば十分以上の実解像力などが実現できますが、マーケティング戦略上は2400万画素まで到達しているAPS-Cサイズセンサー搭載のカメラにも少し押されていた部分があったかもしれません。

2016年、ようやくパナソニックもGX8で約2000万画素のイメージセンサー搭載機を世に出しました。

LUMIX GX8

panasonic lumix gx8
旧来のレンジファインダー式のカメラのような外観を持つGXシリーズの最新機種がGX8です。

イメージセンサーの画素数が約2000万画素まで増えたこともトピックですが、レンズ側の光学式の手振れ補正機能とイメージセンサーシフト式のボディー内手振れ補正機構を連動させることで、手振れ補正能力を大幅に強化したとされる「Dual I.S」を搭載したことも大きな魅力となっています。

チルト可能なEVFとバリアングル式の液晶ディスプレイを搭載して、実フィールドでの対応力を強化しているところも地味ですがとてもありがたい特徴です。

パナソニック独自の「空間認識AF」による高速なオートフォーカス、約800万画素で毎秒30コマの連写が可能な4Kフォトなどの機能も健在です。

ボディーが全体的に大柄になりグリップの張り出しも大きくなって、バッグへの収まりの面では若干弱くはなっていますが、こと写真撮影においてはより使いやすいフォルムに変化しています。

富士フイルム

富士フイルムは一眼レフ的な形状のX-T1をリリースして、独自の非常にこだわりのギミックを持つX-Pro系のカメラは終息に向かうのかと思いきや、さらにそのこだわりのファインダーを強化する機種を投入しました。

X-Pro2

fujifilm xpro 2
富士フイルムの新機種X-Pro2では、X-Proのとてもユニークなレンジファインダー風の、光学式と電子式のハイブリッドとなるファインダーをさらに極めてきました。間違いなく、高解像度で見え味の良い電子式ファインダーを搭載するよりも数段コストのかかる、まさにこだわりのファインダーです。

X-T1の電子式ファインダーでもフレームレートを上げたり、遅延をとても小さく抑える努力をするなど、ファインダーの見え味にはこの会社の徹底したこだわりを感じます。

カメラの価格のそれなりの割合はこのこだわりのファインダーにつぎ込まれていると思われるため、X-Pro2ならではのハイブリッド式のファインダーをどう捉えるかで、使う人それぞれの評価が決まるカメラかもしれません。

また、富士フイルムのX-Trans CMOSセンサーもしばらく画素数が約1600万でとどまる形になっていましたが、このカメラでは遂に画素数が約2400万まで増加しました。X-Trans CMOSならではの解像感の高さとも合わせ、非常に高い画質が期待できます。

さらに、フィルムメーカーならではのフィルムをイメージした絵作りのモードも健在で、このカメラではさらにモノクロフィルム「ACROS」の絵柄を意識したモードも追加されました。

シグマ

シグマはコンデジの方には新しい構造を持ったセンサー「FOVEON X3 Quattro」を搭載した機種を出してまたシグマならではの存在感を発揮していましたが、レンズ交換式のカメラの方ではしばらく鳴かず飛ばずの状況が続いていました。

2016年のCP+でその状況にも動きが出ましたが、やはり今回もシグマらしい大きなサプライズが用意されていました。

SIGMA sd Quattro

thumb_400_12_px400
シグマはFOVEON X3 Quattroセンサー搭載のレンズ交換式のカメラを一眼レフのSDシリーズではなく、新たなミラーレス一眼のsd Quattroシリーズに搭載してきました。

このカメラはミラーレス構造を持つカメラであるにもかかわらず、バックフォーカスの長い一眼レフ用のSAマウントをそのまま使っています。このためカメラ本体の形状が、一般的なミラーレス一眼に一眼レフ用レンズ向けのマウントアダプタをつけたような形になっています。

ミラーレス一眼ならではのバックフォーカスの短さから来るレンズ設計の自由度の高さよりも、今あるレンズを使えることから来る、実際の撮影上のバリエーションの方を優先したのかもしれません。また、会社の体力的にSAマウントと、ミラーレス一眼用の新マウントの両方を維持する力はないとの判断があったかもしれません。

ただ、一つ言えそうなのは、シグマが自社で現在発売しているデジタル一眼レフ向けのレンズのラインアップに相当の自信を持っている、ということではないでしょうか。

カメラのデザインもかなりユニークですが、実際にCP+の会場に足を運んで実機に触れてみた方の感想では、ホールド性などもかなり良かったとのことです。

このカメラの登場で、いよいよシグマの優秀なレンズと最新のFOVEONセンサーの組み合わせによる絵を見ることが出来るようになります。FOVEONセンサーのファンならずとも気になるカメラとなりそうです。

キヤノン

キヤノンはミラーレス一眼をあくまで一眼レフのEOSへの導入機種、という位置づけで製品展開を行なってきたため、レンズラインアップも投入されている機種も、ミラーレス一眼のシステムだけで見るともう一つ魅力に欠ける機種が多かった印象があります。

そんな中で登場したEOS M3はより「カメラらしいカメラ」として、キヤノンがミラーレス一眼に対する方針を変更したのではないか、とそんな印象をユーザに持たせるカメラになりました。

EOS M3

canon eos m3
今、キヤノンから発売されているミラーレス一眼の中では、もっともユーザーが写真を撮ることに対してより積極的に関わっていくことに向いている、本格的な作りのカメラになっています。

残念ながらEOS 70Dから採用された全画素で位相差による距離検出が行えるデュアルピクセルCMOSは採用されませんでしたが、位相差画素の数とカバーエリア、精度の向上で、かなり多くの領域でコントラストAFに頼らないオートフォーカスを可能にして、EOS Mシリーズで問題とされてきたピント合わせの速度の遅さを、ほぼ根本的に解消できた機種です。

操作系でも、ミドルクラス以上のカメラで採用される、2つのコマンドダイヤル(キヤノンでは電子ダイヤル)を搭載して、より直感的な操作を可能にしています。

EOS Mシリーズ用のEF-Mマウントのレンズはまだまだラインアップが薄いのですが、ようやく望遠ズームが発売されて最低限のシステムはEF-Mのレンズだけで組むことが可能になりました。また、少ないラインアップの中でも、EF-M 11-22mm、EF-M 22mmのパンケーキレンズと、非常に優秀なレンズがあるのも魅力です。

さいごに

ミラーレス一眼はデジタル一眼レフよりもより手軽なサイズで、いわゆる「一眼画質」を身近にしてくれた存在です。小型の機種を選んでパンケーキレンズをつければ、コンデジに近いサイズ感で一眼ならではの高画質を気軽に持ち歩くことが出来ます。

EVFを搭載した機種ならば一眼レフに近い、被写体への高い集中度、没入感のような感覚を持って撮影に臨むことも出来ますし、背面の液晶ディスプレイを使って撮影を行なえば、ちょっと引いた位置から客観的に完成した写真を眺めるような心理的立ち位置での撮影も出来ます。

スマートフォンや携帯電話のカメラ、普及型のコンデジの画質に飽き足らなくなった方には、良い受け口になってくれるカメラです。そしてミラーレス一眼も入門機から機能・性能面で凝りまくったこだわりの機種まで非常にバリエーションの豊かな製品が展開されています。

ユーザーそれぞれにあった機種を見つけて写真を楽しむことにつながればと思います。

高値買取中の商品

ファイブスターカメラではフィルム機種に力を入れていますが、ミラーレス機種も他店より高値で買取しています。高値買取対象商品の一部を公開中なので、よろしければご覧ください。公開していない商品もございますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

DSC_0273
Nikon(ニコン)のミラーレス一眼カメラの買取注力品(一例)
Canon(キヤノンのミラーレス一眼カメラの買取注力品(一例)
FUJIFILM(富士フイルム)のミラーレス一眼カメラの買取注力品(一例)

この記事が少しでもお役にたったら、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。
ぜひお願いいたします。

新着情報&お役立ちコラム

TOP

フォトな場所 #01 那谷寺(石川県小松市)編

お久しぶりです。 秋もすっかり深まり朝夕はめっきり肌寒くなってきましたね。気温の変化の大きな時期ですが、風邪などひいていらっしゃらないでしょうか? 秋と…

top

高級コンデジの代名詞!RICOH GRデジタルシリーズの革新と伝統を知る!

「撮りたい」と思った写真を撮るための動作が淀みなく行えるよう配慮されたボディ形状・ボタン配置、更なる進化を遂げた銘玉GRレンズ、そして、小型化された撮影システム…

top

銘玉GRレンズ搭載!RICOHのフィルムコンパクトカメラGRシリーズの魅力に迫る!

「GR」というフィルムカメラのシリーズを知っていますか? 1984年のコンタックスTシリーズの発売に端を発した「高級コンパクトカメラ」というジャンルのカメ…

top

圧倒的な色表現が最大の魅力!富士フイルムXシリーズ徹底紹介!!

「お正月を写そう♪」や「写ルンです」で有名な日本の代表的なフィルムメーカー、富士フイルム。 CMの影響からか、フィルムや使い捨てカメラのイメージが強いかも…

さいごに

高級コンパクトカメラのパイオニア、コンタックスTシリーズの魅力!

コンパクトカメラで一眼レフ並みの写真が撮れる――。 スマートフォン(以下スマホ)での撮影が広く普及した昨今、一眼レフ機や交換レンズを揃えるほどではないけれ…

もっと見る