銘カメラシリーズ紹介・コンタックスGシリーズ 後編  

contact
tel btn
Menu

銘カメラシリーズ紹介・コンタックスGシリーズ 後編

2016/3/10

DSC_0005

後編ではGシリーズ用交換レンズと外付けフラッシュをご紹介致します。

どちらもカメラボディ同様のチタンカラーで統一された、高級感溢れるデザインになっています。

交換レンズはユニークなものが多く、今でも人気が高いものが多いです。

Gマウントレンズ

コンタックスGシリーズレンズは、そのすべてがGマウントという独自のレンズマウントです。装着形態は珍しいスピゴット式を採用しており、レンズ本体ではなく鏡筒後部のリングを回転させて固定します。カメラから取り外した状態での絞りリングの回転範囲と指標位置は一致せず、カメラへの取り付け時に回転し正常な位置に戻ります。

対称型広角レンズのビオゴンと超広角レンズのホロゴンは後玉がフランジ面よりも大きく後ろに突出しており、後玉が傷つかないよう左右にレンズガードが取り付けられています。
DSC_0079
レンジファインダーカメラの構造・性質上、広角レンズが多くラインナップされています。逆に望遠側は不得意としていて、最も焦点距離が長いものでゾナー90mmとなっています。

レンズラインナップは全7種。G1がリリース時に4種展開され、G2発売時に2種が、1999年に最後の1種が追加されました。全てツァイス製でT*コーティングが施された高性能レンズです。

Biogon 28mm f/2.8 T*

DSC_0071
1994年発売の第一世代広角レンズ。対称型レンズの為歪曲収差が少なく、建物の撮影時などではしっかりと直線が描写でき迫力のある画が楽しめます。発色が鮮やかで合焦点もシャープに写しだせます。ミラーレス機に装着した場合は、色被りや周辺光量低下などが発生しやすいので注意が必要です。

Planar 45mm f/2 T*

DSC_0010
こちらも初期ラインナップ組。Gレンズシリーズの標準レンズ相当のレンズです。「平面的」という意味の「Plan」から名付けられたレンズだけあって、画面の端まで歪みなく光量落ちも少ない優秀なレンズです。発色は非常にニュートラル、解像力・コントラストともに高くボケは穏やかで、非常に映りの良いレンズです。

Sonnar 90mm f/2.8 T*

contax carl zeiss sonnar
シリーズ中もっとも望遠寄りのレンズで、G1発売からラインナップされていました。発売当時はなかなかピントが合わないという苦情が多く、人気はイマイチでした。ミラーレス機で使えるようになった近年では、軽量・コンパクトで写りの良い中望遠レンズとして人気が上昇しています。開放から高い解像力を発揮し、抜けの良い描写が愉しめます。

Hologon 16mm f/8 T*

hologon2
シリーズ中唯一のマニュアルフォーカスレンズです。カメラ内蔵のファインダーは28mmまでの画角にしか対応しておらず、シューマウントに取り付ける専用ファインダーが付属します。
hologon finder
画角の広さはすさまじく、撮影者の指まで入ってしまいかねないほどです。画角の広さだけでなく、歪曲収差の低さも圧倒的。絞りを有していないのも非常にユニークです。

弱点として周辺部の光量低下が著しいです。中心部に比べて周辺部の光量は1/4ほどになってしまい、付属のグラデーションフィルターを使用することで均一な明るさにできます。
hologon filter2

Biogon 21mm f/2.8 T*

DSC_0007
G2の発売とともにラインナップされた後発組のレンズです。ホロゴン同様内蔵ファインダーが画角に対応していないため、専用ファインダーが付属します。
DSC_0005
28mmレンズから更に画角が広がり、シャープな描写や高いコントラスト、歪曲の少なさは変わらず素晴らしいです。

Planar 35mm f/2 T*

planar 35
焦点距離・最短撮影距離共に使いやすいレンズです。開放は淡くやわらかな、絞るとキリッとシャープな描写をします。解像力の高さ・ボケ味が素晴らしく、人気の高いレンズです。

Vario-Sonnar 35-70mm f/3.5-5.6 T*

DSC_0023
一番最後にリリースされたレンズで、シリーズ唯一のズームレンズです。G1では内蔵ファインダーが連動しません。ツァイスレンズの高い描写力を自由に画角設定できるのが最大の強みです。

限定品・ブラックバージョン

g2 black set限定品であるG2ブラックと一緒に、ブラック塗装バージョンのレンズも発売されました。G2ブラック本体とセットでビオゴン28mm、プラナー45mm、ゾナー90mmが販売されたほか、ホロゴン以外のレンズのブラックバージョンも発売されました。

外付けフラッシュ

専用フラッシュが2種類ありますが、TLA系の全ストロボが利用できます。

TLA140

_DSC0086薄く縦長な板状の外付けフラッシュです。ガイトナンバーは14で、照射角度は28mmレンズ相当。

TLA200

DSC_0160G2にあわせて発売された小ぶりな外付けフラッシュ。照射角度は28mm/35mm/45mm/90mmを手動で切り替えることができる構造で、ガイドナンバーは20。G2ブラックとともに黒塗りバージョンも数量限定で発売されました。

tla200 blackブラックバージョン

さいごに

adapter現在各種マウントアダプターが販売されるようになり、フランジバックの短いミラーレス機で一部レンズが扱えるようになりました。これによりGマウントレンズの人気が再燃し、憧れのツァイスレンズを楽しむユーザーが増加しました。しかし、未だ全Gレンズに対応したマウントアダプターは現れておらず、レンズガードの切除などの改造なしに全レンズが使えるアダプターの開発が待たれます。

ファイブスターカメラではGシリーズ製品は特に他店圧倒価格にてお買取致します!高値買取対象商品の一部を公開中なので、よろしければご覧ください。

カメラ本体はもちろん、交換レンズ、外付けフラッシュも高価買取致します!まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

CONTAX(コンタックス)/Yashica(ヤシカ)の交換レンズの買取注力品(一例)

この記事が少しでもお役にたったら、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。
ぜひお願いいたします。

新着情報&お役立ちコラム

TOP

フォトな場所 #01 那谷寺(石川県小松市)編

お久しぶりです。 秋もすっかり深まり朝夕はめっきり肌寒くなってきましたね。気温の変化の大きな時期ですが、風邪などひいていらっしゃらないでしょうか? 秋と…

top

高級コンデジの代名詞!RICOH GRデジタルシリーズの革新と伝統を知る!

「撮りたい」と思った写真を撮るための動作が淀みなく行えるよう配慮されたボディ形状・ボタン配置、更なる進化を遂げた銘玉GRレンズ、そして、小型化された撮影システム…

top

銘玉GRレンズ搭載!RICOHのフィルムコンパクトカメラGRシリーズの魅力に迫る!

「GR」というフィルムカメラのシリーズを知っていますか? 1984年のコンタックスTシリーズの発売に端を発した「高級コンパクトカメラ」というジャンルのカメ…

top

圧倒的な色表現が最大の魅力!富士フイルムXシリーズ徹底紹介!!

「お正月を写そう♪」や「写ルンです」で有名な日本の代表的なフィルムメーカー、富士フイルム。 CMの影響からか、フィルムや使い捨てカメラのイメージが強いかも…

さいごに

高級コンパクトカメラのパイオニア、コンタックスTシリーズの魅力!

コンパクトカメラで一眼レフ並みの写真が撮れる――。 スマートフォン(以下スマホ)での撮影が広く普及した昨今、一眼レフ機や交換レンズを揃えるほどではないけれ…

もっと見る