これでバッチリ!!カメラとレンズのお手入れ方法  

contact
tel btn
Menu

これでバッチリ!!カメラとレンズのお手入れ方法

2015/9/24

DSC_0005

機材のお手入れは普段から行っていますか?定期的なメンテナンスはとても大切なものです。しっかりお手入れをして保管しないと、カビが生えたり、レンズが曇ったりと、せっかくの愛機が台無しになってしまいます。
ここでは、普段のお手入れ方法と保管方法をご紹介します。

カメラのお手入れ方法

1.道具の用意

カメラ用・レンズ用のクリーニングクロス、ブロアー、やわらかいブラシの3つは必須といっていいでしょう。他にも綿棒や爪楊枝があるといいです。綿棒は一般的な先端が丸いもののほかに、カメラ用の先端が細く尖ったものもあります。レンズペンも便利でおススメです。
クリーニングクロスは、カメラ用とレンズ用で別々のものを準備するのが望ましいです。ブロアーはスプレータイプのものもありますが、シリコンゴム製の手動タイプの方がコストを抑えられます。クリーニングクロスやブロアーなどはカメラ販売店や家電量販店で購入することができます。やわらかいブラシは専用のものがありますが、化粧用のメイクブラシでも代用できます。

2.ほこりを落とす

外観のホコリをブラシで払い落していきます。特にボタン回りやファインダー周り、凹凸の多いダイヤル周りは溝にホコリがたまりやすいので、しっかり払い落します。ファインダー周りはアイカップを外すとゴミなどが意外と入り込んでいるので、アイカップは外して清掃しましょう。ダイヤル周りは爪楊枝やカメラ用の尖った綿棒を使うとよいでしょう。爪楊枝を使う際は、先端を削いだりクリーニングティッシュを巻きつけたりしてボディを傷つけないようにしましょう。

3.拭き取り

一通りボディの外観の払い落としが完了したら、次にクリーニングクロスで全体を包むように拭き取ります。カメラに付着した顔や手などの油汚れをしっかりと拭き取りましょう。
ブラシで払う前にクロスで拭いてしまうと、カメラ本体に付着したゴミや砂の影響で本体に傷がついてしまう恐れがあるので、しっかりブラシで払い落とした後でクロスを使います。海沿いで撮影したり、汗をかきながら撮影した場合、かなりの塩分がカメラに付着しています。固く絞ったタオルを使って、まず塩分を拭き取ってください。無水アルコールなどを用いるのもよいでしょう。仕上げに乾拭きをして水分が残らないようにしましょう。

4.マウント内部

ボディの拭き掃除が終わったら、レンズを外してマウント内部のクリーニングを行います。このとき注意することは、必ずカメラのレンズ面を下向きにして作業を行ってください。一眼レフカメラのマウントの内部には、ミラーやイメージセンサー(デジタルのみ)といった重要でデリケートな部品がたくさん組み込まれています。特にイメージセンサーにホコリが付着すると、写真にゴミが写り込む恐れもあるので、ホコリが内部に入らないように、必ず下向きにしてレンズを外しましょう。

レンズを外したらブロアーを軽く吹き付ける程度にしておき、作業が終わったら速やかにレンズを付け直すか、キャップをして内部を保護します。よほどの知識がない限り内部を物理的に拭いたり触ったりすることは故障やトラブルの原因になるので避けたほうがよいでしょう。

レンズの着脱をよく行う方はマウントのリング部分が汚れていることが多いです。ここもボディと同様に磨いてあげましょう。この時もカメラは下向きにして内部にごみなどが入らないようにしましょう。

フィルムカメラはフィルム室の清掃も行いましょう。シャッター幕には触れないよう注意して、ゴミや汚れを丁寧に落としてあげましょう。

5.レンズの清掃

ボディの清掃作業が終わったら、レンズの清掃を行います。レンズが取り外せるものは取り外して清掃を行います。レンズ交換ができないコンパクトカメラはレンズを繰り出して清掃を行います。

まずはボディと同様にブロアーでゴミやほこりを吹き飛ばし、ブロアーで取れなかったものはやわらかいブラシで取り除きましょう。ゴミやほこりが取り除けたら、レンズ用のクリーニングクロスやクリーニングティッシュでレンズ表面を拭き取りましょう。クリーナーの拭き跡は乾拭きを丁寧にすることできれいに取れます。レンズペンを使うと簡単にきれいになります。

6.保管

カメラの保管場所は湿気が少なく涼しい場所が最適です湿気とホコリはカメラ・レンズの大敵なので、防湿庫や簡易的な防湿ボックスに入れて保管することをおすすめします。
防湿・防カビ剤を一緒に入れておけば完璧でしょう。

まとめ

カメラを長持ちさせるには日々のお手入れは欠かせません。使用した後必ずお手入れをする習慣をつけると、大切な機材をいつまでもきれいなまま保つことができます。きれいな写真を撮るのも大事ですが、お気に入りの機材も大切に残したいですね。

この記事が少しでもお役にたったら、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。
ぜひお願いいたします。

新着情報&お役立ちコラム

TOP

フォトな場所 #01 那谷寺(石川県小松市)編

お久しぶりです。 秋もすっかり深まり朝夕はめっきり肌寒くなってきましたね。気温の変化の大きな時期ですが、風邪などひいていらっしゃらないでしょうか? 秋と…

top

高級コンデジの代名詞!RICOH GRデジタルシリーズの革新と伝統を知る!

「撮りたい」と思った写真を撮るための動作が淀みなく行えるよう配慮されたボディ形状・ボタン配置、更なる進化を遂げた銘玉GRレンズ、そして、小型化された撮影システム…

top

銘玉GRレンズ搭載!RICOHのフィルムコンパクトカメラGRシリーズの魅力に迫る!

「GR」というフィルムカメラのシリーズを知っていますか? 1984年のコンタックスTシリーズの発売に端を発した「高級コンパクトカメラ」というジャンルのカメ…

top

圧倒的な色表現が最大の魅力!富士フイルムXシリーズ徹底紹介!!

「お正月を写そう♪」や「写ルンです」で有名な日本の代表的なフィルムメーカー、富士フイルム。 CMの影響からか、フィルムや使い捨てカメラのイメージが強いかも…

さいごに

高級コンパクトカメラのパイオニア、コンタックスTシリーズの魅力!

コンパクトカメラで一眼レフ並みの写真が撮れる――。 スマートフォン(以下スマホ)での撮影が広く普及した昨今、一眼レフ機や交換レンズを揃えるほどではないけれ…

もっと見る