Hasselblad 500C/M(ハッセルブラッド)  

contact
tel btn
Menu

Hasselblad 500C/M(ハッセルブラッド)

hasselblad 500cm

1957年から40年の長きにわたって改良が重ねられ続けた500Cシリーズの2代目のフルマニュアル機です。500Cのマイナーチェンジモデルで、500C/Mの「M」は「Modified」の頭文字で、日本語で言えば「500C・改」という感じです。
主な変更点としては、簡単にフォーカシングスクリーンが交換可能となった点が挙げられます。また、1972年にブラック仕上げが追加発売されました。1984年に巻き上げクランクが標準装備になったり、後期型からミノルタ製アキュートマットがデフォルトとなったりなど、同じ機種内でも発売時期によってスペックが微妙に異なります。
フォーカシングスクリーン(ピントグラス)を交換するのに工具なしで簡単にスクリーンをチェンジできるようになったのも、500C/Mの大きな改良の一つですね。
500Cシリーズの中で、最も製造期間が長いため市場に出回っている台数が多く、相場価格が落ち着いていること、信頼性と発展性もあわせ、500Cシリーズの中では最もおススメしたい機種です。

お買取金額・事例紹介



●お買取事例
 お買取金額  40,000円
 商品状態  外観ボディにスレ・キズ有り、レンズ内小ゴミ、ホコリ有り
 付属品  レンズ:Carl Zeiss Planar 80mm f/2.8、ファインダー、フィルムバック、レンズフロントキャップ




お申込み

中古カメラ・中古レンズの買取はぜひ弊社へご相談ください!
    お見積は無料で行なえます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

Hasselblad 500C/M(ハッセルブラッド) の注力商品

hasselblad h1

Hasselblad H1(ハッセルブラッド)

日本の富士フイルムと協力して製造している完全電子制御式のレンズ交換型レンズシャッター式オートフォーカス一眼レフカメラ「Hシリーズ」の第1号機です。ハッセルブラッ…

hasselblad 203fe

Hasselblad 203FE(ハッセルブラッド)

ハッセルブラッドの希少な中判カメラです。205TCCの露出計をスポット測光から部分測光に変更、それに伴ってZモードが省略された露出計内蔵フォーカルプレーンシャッ…

hasselblad 501c

Hasselblad 501C(ハッセルブラッド)

1994年発売のフルマニュアル機です。 そこから遡ることおよそ40年前の1957年に発売された名機「500C」から連綿と受け継がれてきた500シリーズの6代目…

s-048_503cx

Hasselblad 503CX(ハッセルブラッド)

500C、500C/Mに続く、ハッセルブラッドの500Cシリーズ1988年に発売されたフルマニュアル機です。500C/Mとの最大の違いは、ミノルタによってデザイ…

注力商品をもっと見る

Hasselblad 500C/M(ハッセルブラッド) のジャンル別注力商品